巷で話題の注文住宅が選ばれている理由が丸裸に!

つみき

周辺の気候や利便性を重視

女性

気候はどうか

京阪沿線に一戸建て住宅を購入したり建築する場合は、その場所の気候について知ってよくことが大事です。日本は縦に長いため、場所によっては寒さ対策を行わなればならない場所と、暑さ対策行わなければならない場所があります。このうち京阪沿線では、冬の寒さ対策よりも夏の暑さ対策の方が重要でしょう。周辺の気候を考えると、冬場はマイナスになることは少ないですが、夏場は35度を超えることが多く、断熱性や気密性を重視した住宅では住みにくいのです。戸建てを手に入れる時のポイントは、風通しの良い場所にある建物かどうかです。周辺を見て、隣の家とあまり離れていない場所よりも少し間隔が開いている家の方が風通しが良くなります。また、南北か東西が開けている場所を選ぶようにしましょう。

通勤をする場合はどうか

京阪沿線は、通勤をするのに便利な場所です。京都と大阪を結んでいる京阪は、どちらに行くにしてもそれほど時間がかかりません。京阪沿線の中で人気があるところは、京橋付近や京都の四条や三条、そして枚方近辺、さらには守口などです。これらのところは、ほぼすべての列車が止まるため、通勤通学するときにさまざまな列車を選択することができます。またそれだけ大きな駅であれば、買い物をする場所も多く、日常生活には全く困らないでしょう。ただし注意をするべき点は、繁華街がそばにある場合です。一戸建て住宅の場所を利便性だけで決めてしまうと、いざ住んでみたら環境が悪かったということもあります。人が多いところだからこそ、戸建ての周辺環境を重視することは重要になります。